製品名、作物、病害虫や雑草名で検索できます。
HOME > 春夏秋冬レポート > 速く効く。あの害虫にも効く。だから、収量に差がつく。
日産化学の新しい殺虫剤「グレーシア乳剤」
春夏秋冬レポート

速く効く。あの害虫にも効く。だから、収量に差がつく。
日産化学の新しい殺虫剤「グレーシア乳剤」

2019月12月

「効きの速さ」と「対象害虫の幅広さ」を兼ね備えた殺虫剤「グレーシア乳剤」が登場。その魅力に迫ります。

グレーシア

殺虫剤に求められること、それは「収量を確保すること」。

殺虫剤の役割は「害虫を駆除すること」だけでなく「作物を害虫の被害から守り収量を確保すること」です。だから殺虫効果が高いのはもちろんのこと、「作物が食べられる前に駆除できること」と「できるだけ幅広い害虫に効果があること」はどちらも大切。グレーシア乳剤はその両方を兼ね備えています。

グレーシア乳剤の「効きの速さ」は、有効成分が害虫の口と皮膚の両方から吸収されること、有効成分がそのまま活性本体として害虫の作用点に直接届き作用することから実現されています。

「対象害虫の幅広さ」は有効成分フルキサメタミドそのものの性質及び各種害虫への活性の高さからもたらされています。コナガ・ハスモンヨトウ・オオタバコガ・シロイチモジヨトウ・チャハマキ・チャノコカクモンハマキなど各種チョウ目害虫から、アザミウマ類・コナジラミ類・ハモグリバエ類や様々なダニ類まで、実に幅広い害虫に優れた効果があります。

広告クリエイティブ

グレーシアは「速く効く」

グレーシア乳剤の特長の1つ「速効性」は、主に有効成分「フルキサメタミド」の特性に由来しています。

害虫に取り込まれた「フルキサメタミド」は、成分がそのまま活性本体として害虫の作用点に届き作用します。そのため害虫に対して速効的に作用、作物が害虫に食べられてしまう前に駆除できるのです。

フルキサメタミド
有効成分の化学構造と名称

一般名:フルキサメタミド (ISO Common name: fluxametamide)

有効成分がそのまま活性本体として、害⾍の作⽤点に直接届き作⽤します。

また「フルキサメタミド」は害虫の口と皮膚、両方から吸収される性質があります。このことも速効性を実現するのに一役買っています。散布された薬剤を、害虫が作物と一緒に口から摂取する前に、皮膚からも吸収されることでより早く効果が発現します。

これらの特性により、グレーシア乳剤は害虫に対して速効的に作用、害虫の被害から作物を守ることができるのです。

老齢幼虫に対する速効性
グレーシア乳剤の老齢幼虫に対する速効性

2018年 日産化学生物科学研究所(社内試験)

  • 【供試虫】ハスモンヨトウ
  • 【齢 期】終齢幼虫
  • 【試験方法】虫体浸漬、処理1時間後餌入、20時間後撮影
上の試験は、ハスモンヨトウの終齢幼虫を薬液に浸漬し、処理1時間後にキャベツの葉に載せて、20時間後に撮影したものです。グレーシア乳剤を処理したハスモンヨトウはもちろん死虫していていましたが、さらにキャベツの葉も多くが残っている=ハスモンヨトウにほとんど食べられなかった、ことが示されました。この試験では、グレーシア乳剤が「作物を害虫の食害から守るのに十分な速効性を持っている」ということを示しました。
色々な害虫に速く効く
ハスモンヨトウに対する
作⽤速度

ハスモンヨトウ(終齢幼⾍)虫体散布法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウに対する作⽤速度

殺虫剤

ミナミキイロアザミウマに対する
作⽤速度

ミナミキイロアザミウマ(成虫)リーフディスクスプレー法

ミナミキイロアザミウマ

ミナミキイロアザミウマに対する作⽤速度

殺虫剤

ハスモンヨトウのようなチョウ目害虫だけでなく、ミナミキイロアザミウマに対しても速効的に作用することが上の試験で示されました。

グレーシアは「幅広い害虫に効く」

グレーシア乳剤のもう1つの特長、それは「対象害虫の幅広さ」です。

グレーシア乳剤は他剤抵抗性も含めたコナガやハスモンヨトウ・オオタバコガ・シロイチモジヨトウ・チャハマキ・チャノコカクモンハマキなど各種チョウ目害虫はもちろん、アザミウマ類・コナジラミ類・ハモグリバエ類から様々なダニ類まで、きわめて幅広い害虫種に対して優れた効果があります。これは有効成分「フルキサメタミド」が多くの害虫に高い活性があることに由来します。

「フルキサメタミド」として確認されている殺虫スペクトラムは下記の通りです。
フルキサメタミドの害虫への活性:コナガなど
フルキサメタミドの害虫への活性:アザミウマなど
フルキサメタミドの害虫への活性:カメムシなど
上の表の通り、
コナガ、アオムシ、ヨトウムシ、ハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウ、イラクサギンウワバ、タマナギンウワバ、ナカジロシタバ、ウリノメイガ、ウコンノメイガ、ハイマダラノメイガ、チャハマキ、チャノコカクモンハマキ、リンドウホソハマキ、オオタバコガ、ヨモギエダシャク、チャノホソガ、マメシンクイガ、ネギコガ(以上チョウ目)、カブラハバチ(ハチ目)、ネギアザミウマ、ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、ヒラズハナアザミウマ、クロゲハナアザミウマ、ハナアザミウマ、チャノキイロアザミウマ(以上アザミウマ目)、キスジノミハムシ、マダラカサハラハムシ、フタスジヒメハムシ(以上コウチュウ目)、カンザワハダニ*、ナミハダニ、チャノサビダニ、チャノナガサビダニ、トマトサビダニ、チャノホコリダニ(以上ダニ目)、ナモグリバエ、マメハモグリバエ、トマトハモグリバエ、ネギハモグリバエ(以上ハエ目)、タバココナジラミ、オンシツコナジラミ、チャトゲコナジラミ、チャノミドリヒメヨコバイ(以上カメムシ目)、これら実に幅広い害虫種への活性が確認できています。

*カンザワハダニは茶での適用はありません。
※作物毎の「適用害虫」は、商品ラベルの適用表をご覧ください。使用に当たってはラベルの記載に従ってください。

「速く効く」「幅広い害虫に効く」以外のグレーシアの特長

大切な作物を害虫被害から守るため、グレーシア乳剤にはこれ以外にも様々な特長があります。

  • ■有効成分フルキサメタミドは、今までの殺虫成分にはない新しい作用によって、害虫を駆除します。
    ―今までの殺虫剤に抵抗性を得て、効きにくくなったコナガ・アザミウマなどにも高い効果が期待できます。既存殺虫剤とのローテーション散布にお勧めです。
  • ■効果は長期間続き、約2週間害虫の加害を防ぎます。
  • ■葉内に薬剤が浸透、葉裏の害虫もしっかり退治します。
  • ■ミツバチ、マルハナバチは翌日導入が可能です。*天敵には影響があるので使用の際には注意してください。
  • ■耐雨性が高いので、散布後雨が降っても効果が落ちづらい薬剤です。
  • ■高温でも低温でも効果をしっかり発揮するので、様々な環境下で効果が安定します。

これら特長については、グレーシア乳剤のWEBページにてご紹介しています。是非ご覧ください。

https://www.nissan-agro.net/gracia/

1人でも多くの生産者の方にグレーシア乳剤を使っていただきたい。

グレーシア乳剤は、日産化学(株)が発明したイソオキサゾリン系の有効成分「フルキサメタミド」を含む高性能の殺虫剤です。コナガなどのチョウ目や、アザミウマ目、ハエ目、ダニ目等の幅広い作物害虫に速効的に作用します。

「効きの速さ」と「効果のある害虫の幅広さ」を兼ね備え、さらに「新規作用性」「持続性」「浸達性」「耐雨性」「低温でも効果が安定」といった特長も有しています。「1人でも多くの生産者の方にグレーシア乳剤を知っていただき、使っていただくことで栽培作物を害虫被害から守り、安定的に収穫量を確保することに貢献したい」。それが私たち日産化学の願いです。

-グレーシア乳剤を使うことで収量アップ・秀品率アップが期待できます。-
キャベツ・無処理区

無処理区

キャベツ・グレーシア2000倍

グレーシア2000倍

2018年 日産化学(株)社内試験
試験地:長野県南佐久郡川上村
作物:キャベツ、品種:グリーンボール
区制:1区6株2連制
定植日:7月30日
薬剤処理日:8月17日 200L/10a相当散布 展着剤加用
調査日:9月20日
キャベツ・無処理区

無処理区

キャベツ・グレーシア2000倍

グレーシア2000倍

2018年 日産化学(株)社内試験
試験地:北海道河東郡音更町
作物:ブロッコリー、区画規模・連制:15株/区×2連制
薬剤処理日:8月1日
散布条件:100L/10a、展着剤加用
調査日:8月29日
キャベツ・無処理区

無処理区

キャベツ・グレーシア2000倍

グレーシア2000倍

2018年 日産化学(株)社内試験
試験地:北海道河東郡音更町
作物:だいこん、品種:耐病総太り、区画規模・連制:8株/区×2連制、播種 7月22日
薬剤処理日:8月8日、8月15日、8月22日
散布条件:100L/10a、展着剤無添加
調査日:根部食害 9/18
キャベツ・無処理区

慣行区

キャベツ・グレーシア2000倍

グレーシア2000倍

2018年 日産化学(株)社内試験
試験地:埼玉県入間市、作物:茶、試験面積:1列24m x 1.8m 2列散布
グレーシア区:散布日:9月12日、散布量:15L/列(347L/10a)、展着剤加用
慣行区:散布日:9月8日 Jフロアブル5000倍 展着剤加用

グレーシアの詳細ページへ