製品名、作物、病害虫や雑草名で検索できます。
HOME > 最新技術情報 > デルカット+滴下美人®Ⅱによる「代かき同時処理」。
忙しい生産者の方にお勧めの除草剤処理方法をご紹介します。
最新技術情報

デルカット+滴下美人®Ⅱによる「代かき同時処理」。
忙しい生産者の方にお勧めの除草剤処理方法をご紹介します。

2019年2月28日

― 除草の手間をなくしたい。作業のムダを減らしたい。―

デルカット乳剤は、そうお考えの方にお勧めしたい、水稲用初期除草剤です。

滴下装置「滴下美人®Ⅱ」を併用することで、代かき作業と同時に薬剤散布が可能。

散布作業の時間を削減でき、様々な水田雑草を長期間抑えることができます。

“除草効果”と“省力性”を両立させ、忙しい方の除草ニーズにお応えします。

代かき同時処理で、散布作業の時間を削減できます!

トラクターに滴下装置「滴下美人®Ⅱ」とデルカット(1.5ℓまたは5 ℓボトル)を装着することで、代かき作業と同時に省力的に薬剤散布が行えます。

散布後、少なくとも4日間は落水、かけ流しをしないでください。
移植時に落水しないよう、代かき時に必要以上の水を水田に入れないでください。

滴下美人®Ⅱ専用デルカット乳剤

デルカット1.5ℓ

1.5 ℓ

デルカット5ℓ

5 ℓボトル

season_19_01@2x

滴下美人®Ⅱとデルカット乳剤の取り付け方法

1.スイッチボックスに新しいアルカリ乾電池(単3電池4本)を入れてください。

●スイッチをONにして“カチカチ”と音がするか確認してください。

●スイッチボックスのふたをしめる際、配線を挟み込まないよう注意してください。

注意:①+と-を正しく入れてください。
②交換時には、4本全部取り替えてください。

pic01
2.スイッチボックスを取付けます。

運転席周辺のガラスやボディに取付けて固定してください。付属の吸盤もしくは両面テープを使用すると便利です。

  • 運転に支障のない安定した場所に取付けてください。
  • 装着面の汚れをきれいにふき取ってから取付けてください。
  • 使用後は必ず取り外してください。

注意:水没にご注意ください。

てんさい・シバムギに対する効果
3.ポンプボックスを取付けます。

バックミラー等に吊り下げてください。

  • 付属の吊り下げヒモを使用すると便利です。

注意:①ポンプボックスはボルト等でトラクターに固定しないでください。
②5ℓボトルを装着するときは同梱の吊り下げヒモは使用せず、丈夫なヒモで吊り下げてください。

てんさい・シバムギに対する効果
4.チューブを取付けます。

ポンプボックスに滴下チューブAと吸入チューブを取付けます。その際ゴミ、土等が入らないよう注意して取付けてください。

  • 滴下チューブAは滴下ノズルに装着してください。滴下ノズルをしっかり持って脱着してください。
  • 吸入チューブを装着するときは保護キャップを外して、切込口を下向きに取付けてください。
  • チューブの取付けは奥までしっかり差し込んでください。
てんさい・シバムギに対する効果
5.ボトルを取付けます。

ポンプボックスのネジ式キャップを回して、しっかり締めてください。その際ゴミ、土等が入らないよう注意して取付けてください。

  • 本機はデルカット乳剤1.5ℓ及び5ℓボトル用です。(イネゼットEWでは2ℓボトルが使用できます。)
てんさい・シバムギに対する効果
6.滴下チューブを固定します。

滴下チューブAの先に滴下チューブBをジョイントチューブを利用してつなぎます。結束バンドを利用して固定し、タイヤの外側に滴下するようにします。(滴下チューブAは弛まないようにしてください。)

てんさい・シバムギに対する効果
7.目盛りに合わせ散布を開始してください。

代かきの作業時間に合わせてダイヤルを調整してください。ダイヤルの調整は右回しで行ってください。

右に回しながら合わせたい数字の目盛り●の真ん中にしっかり合わせてください。

てんさい・シバムギに対する効果

デルカット乳剤を散布する場合には、内部にある切り替えスイッチを「乳」に、イネゼットEWを散布する場合には、「EW」にセットしてください。

※出荷時は「乳」にセットされています。

地下茎の伸長を防ぎます。
【目盛りの目安表】
代かき作業時間(10アールあたり)

デルカット乳剤

代かき時間 7分 10分 15分 20分 25分 35分 55分
目盛り 10 8 6 4 3 2 1

イネゼットEW

代かき時間 6分 8分 10分 15分 20分 30分 40分
目盛り 10 8 7 5 3 2 1

※目盛りの数字が大きいほど、吐出量が多くなります。

てんさい・シバムギに対する効果

滴下位置について

正しい滴下位置

トラクターの移動により生じる外側に広がる波に薬液を乗せるようにしてください。

滴下チューブAは弛まないようにし、滴下チューブBを固定して前輪より外側に滴下してください。またロータリーより外側に取付けると代かき作業の妨げになるので注意してください。

地下茎の伸長を防ぎます。
良い例:

  • 薬液を波に乗せる。
地下茎の伸長を防ぎます。
悪い滴下位置

波に乗らない場合、薬液がタイヤに踏まれる事があり、効果不足や薬害発生の原因になります。

トラクターの正面、前輪の内側、ロータリーの後ろには滴下しないでください。

地下茎の伸長を防ぎます。
悪い例:

  • 薬液がタイヤに踏まれる。
  • 薬液がトラクターの内側に流れ込んでしまう。
    (水量が少ない田んぼの場合は特に注意してください。)
地下茎の伸長を防ぎます。

デルカット乳剤と滴下美人®Ⅱによる除草剤代かき同時処理で、忙しいあなたの除草時間削減に貢献します。

さらに詳しい使い方は滴下美人®Ⅱ取り扱い説明書をご覧ください。