製品名、作物、病害虫や雑草名で検索できます。

製品紹介

予防効果だけでなく治病効果にも優れた殺菌剤。
日産ルビゲン水和剤

  • 分類:殺菌剤
  • 性状:類白色水和性粉末 45μm以下
  • 登録番号:農林水産省登録第 16866号
  • 人畜毒性:普通物
  • 有効成分:フェナリモル12.0%

【特長】

●種々の病害に対して、低薬量で高い防除効果を発揮します。
●りんご、なしの初期病害として重要な黒星病・赤星病などの同時防除が可能です。
●かき、野菜のうどんこ病に卓効を示します。
●葉内への浸透移行性を有しているので、予防効果だけでなく治病効果にも優れた殺菌剤です。また、耐雨性に優れ、安定した効果を発揮します。

【使用方法】

 表は横にスクロールしてご覧頂けます。

適用作物 適用病害虫 使用時期 使用量又は
希釈倍数
液量 使用回数 使用方法
なし  うどんこ病 収穫30日前まで 3000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
なし  黒星病 収穫30日前まで 3000~4000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
なし  赤星病 収穫30日前まで 3000~4000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
りんご  黒星病 収穫30日前まで 3000~4000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
りんご  うどんこ病 収穫30日前まで 3000~4000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
りんご  赤星病 収穫30日前まで 3000~4000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
かき  うどんこ病 収穫21日前まで 3000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
おうとう  灰星病 収穫3日前まで 3000倍 200~700㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
いちご  うどんこ病 収穫前日まで 4000倍 100~300㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
メロン  うどんこ病 収穫前日まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:4回以内 フェナリモル:4回以内 散布
ピーマン  うどんこ病 収穫前日まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:4回以内 フェナリモル:4回以内 散布
ししとう  うどんこ病 収穫前日まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
きゅうり  うどんこ病 収穫前日まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
なす  すすかび病 収穫前日まで 6000倍 100~300㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
なす  うどんこ病 収穫前日まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:3回以内 フェナリモル:3回以内 散布
すいか  うどんこ病 収穫3日前まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:4回以内 フェナリモル:4回以内 散布
かぼちゃ  うどんこ病 収穫3日前まで 10000倍 100~300㍑/10a 本剤:4回以内 フェナリモル:4回以内 散布
たばこ  うどんこ病 - 10000~15000倍 100~180㍑/10a 本剤:2回以内 フェナリモル:2回以内 散布
ばら  うどんこ病 - 3000倍 100~300㍑/10a 本剤:6回以内 フェナリモル:6回以内 散布

効果・薬害等の注意
●使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
●本剤の所定量を所要量の水にうすめ、よく攪拌してから散布してください。
●本剤をうどんこ病防除に使用する場合は作物の種類により希釈倍数が大幅に異なるので十分注意してください。
●本剤の使用に当たっては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意
●通常の使用方法では危険性は低いですが、誤飲、誤食などのないよう注意してください。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせてください。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けてください。
●粉末は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
●粉末は皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
●散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。

Page Top