野菜・茶用殺虫剤

大切な作物の食害を抑え、収量を確保したい。決め手は「効きの速さ」と「対象害虫の幅広さ」。
食べられる前に害虫を駆除、新規殺虫剤 グレーシア。

これまでにない作用性

グレーシアの有効成分「フルキサメタミド」は、今までの殺虫成分にはない新しい作用によって、害虫を駆除します。

【模式図】_IRAC番号「30」:GABA作動性Clイオンチャネルアロステリックモジュレーター

p02-01

GABAは抑制性の神経伝達物質で、GABA受容体に結びつくことで興奮を鎮める働きをします。フルキサメタミドは対象害⾍のGABA受容体に結合しCl-の流⼊を阻害、その結果、害虫が持続的な興奮症状を起こし、死に至ります。

これがグレーシアの新しい作用。だから、今までの殺虫成分が効きにくくなったコナガやアザミウマに大きな効果が期待でき、お使いの殺虫剤とのローテーション散布にもお勧めです。