製品名、作物、病害虫や雑草名で検索できます。
HOME > 春夏秋冬レポート > ムラなく拡がり、ピタッとくっつく。 新・機能性展着剤ワイドコート、誕生!
春夏秋冬レポート

ムラなく拡がり、ピタッとくっつく。 新・機能性展着剤ワイドコート、誕生!

薬剤が「均一に拡がる」作用と「ピタッと付着する」作用の
両立に成功したワイドコート。その秘密に迫ります。

ユーザー写真

特性の異なる界面活性剤をW配合。

ワイドコートは、日本化薬株式会社が開発した全く新しいタイプの機能性展着剤だ。2種類の性質の異なる界面活性剤、陰イオン系の「ジオクチルスルホコハク酸ナトリウム」と非イオン系の「ポリオキシエチレンアルキルエーテル」が絶妙な比率で配合されている。これにより、展着剤の持つ機能のうち、薬剤を「均一に拡げる作用」と、「作物に付着させる作用」という、一般に相反すると考えられている機能の両立に成功。散布薬液の作物表面への「均一付着性」を可能にした。

ムラなく拡がり、しかも、ピタッとくっつく。

薬剤が作物表面で「均一に拡がる」作用と「ピタッと付着する」作用の両立に成功したワイドコート。2つの機能について試験成績をもとに検証してみることにしよう。 まずは、薬剤が作物上に「拡がる」かどうかの試験。下の「蛍光顔料のキャベツへの付着性比較(蛍光法)」を見てみると、対照展着剤Aの付着面積率が15.5%だったのに対し、ワイドコートは87.1%もの面積に薬剤が付着していた。「拡がる」タイプの界面活性剤の働きで、薬剤が均一かつワイドに拡がったという証である。

※蛍光顔料を入れた希釈液を作物に散布。それを撮影し、画像処理ソフトで明部の面積率を計算したもの。作物表面上の均一性を数値化

一方、薬剤が作物上に「くっつく」かどうかの試験「蛍光法によるネギへの付着性比較」においてもやはり、ワイドコートの方が対照剤よりも薬剤付着面積が多いことが一目瞭然であった。

だから、農薬本来の力を引き出す。

以上のことから、ワイドコートは薬剤をムラなく均一に、そして安定して付着させることができるため、農薬本来の効果をより引き出すことが期待できる。これにより、一般に薬剤が付きづらいとされている「少量散布」においても、ワイドコートはその真価を発揮する。下の写真比較を見てもわかるように、少量散布でも、より薬剤を付着させていることが見てとれる。

ワイドに拡がるから薬剤の乾きが早く、汚れも軽減!

ワイドコートの優れた点のひとつは、その拡展性にある。添加後、ワイドコートは主として「拡がる」タイプの界面活性剤の働きで薬剤を作物上で速やかに拡げるため、結果的に薬液の表面積が広くなり、その乾きを早くさせる。これにより、農薬本来の力を発揮させることはもちろん、作物への汚れを目立たなくさせるというメリットも生まれるのである。農薬による防除効果を安定させることができる展着剤、ワイドコート。この新しい展着剤を、あなたにも農業現場で大いに役立てていただきたい。

ワイドコートの詳細ページへ