日産化学工業株式会社

スターマイトフロアブルは殺ダニ成分「シエノピラフェン」によりハダニ防除の諸問題を解決できる、新世代の殺ダニ剤です。

適用害虫と使用上の注意

適用害虫と使用方法

作物名 適用害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の
使用回数
使用
方法
シエノピラフェン
を含む農薬の
総使用回数
かんきつ ミカンハダニ
チャノホコリダニ
2000〜3000倍 200〜700ℓ/10a 収穫7日前
まで
1回 散布 2回以内
りんご
なし
もも
ネクタリン
小粒核果類
おうとう
かき
いちじく
ハダニ類
2000倍 収穫前日
まで
1回
ぶどう 収穫14日
前まで
いちご
ハダニ類
シクラメンホコリダニ
100〜300ℓ/10a 収穫前日
まで
2回
以内
2回以内
ピーマン
ししとう
なす
ハダニ類
チャノホコリダニ
1回 1回
きゅうり
すいか
メロン
しょくようほおずき
はすいも
(葉柄)
ハダニ類
しそ
しそ(花穂)
ハダニ類
チャノホコリダニ
収穫3日前
まで
カンザワハダニ
チャノホコリダニ
200〜400ℓ/10a 摘採7日前
まで
食用ぎく ハダニ類 100〜300ℓ/10a 収穫7日前
まで
きく(葉) 収穫14日前まで
きく
りんどう
発生初期
みょうが
(花穂)
収穫前日まで ※1
みょうが
(茎葉)
※2 散布

※1 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する。

※2 みょうが(花穂)の収穫前日まで。但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで

効果・薬害等の注意

●使用に際しては容器をよく振る。

●石灰硫黄合剤とは混用を避ける。

●ボルドー液との混用及び14日以内の近接散布は効果が劣るので避ける。

●散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ、調節する。

●本剤は植物体への浸透移行性がないので、かけ残しのないように葉の裏表に十分に散布する。

●有袋栽培の洋なしに使用する場合、果実の薬斑が目立つおそれがあるので、袋かけ前の散布はしない。

●ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布むらのないようにていねいに散布する。

●本剤の使用に当たっては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除
 所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

●本剤の連続散布はハダニ類の本剤に対する抵抗性を発達させるおそれがあるので、できるだけ年1回散布とし、
 他の殺ダニ剤との輪番で使用する。

●ぶどうで使用する場合、無袋栽培は果実肥大中期(あずき大)以降、有袋栽培は果実肥大中期(あずき大)以降
 袋かけ前までの散布では、果粉の溶脱が生じることがあるので十分注意する。

●適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を
 十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。



安全使用上の注意

●散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用する。

●作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに衣服を交換する。

●作業時に着用していた衣類等は他のものとは分けて洗濯する。

●かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意する。

魚毒性等 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、
流入しないよう注意して使用する。
使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切る。散布器具及び容器の
洗浄水は河川等に流さない。また、空容器等は水産動植物に影響を与えないよう
適切に処理する。
保管 直射日光をさけ、なるべく低温な場所に、食品と区別して密栓する。

●本ホームページは2014年3月現在の資料、情報、データ等に基づいて作成していますが、記載データ及び評価はあくまで
 測定値の代表例であり、全ての事例に当てはまるものではありません。

Copyrights (C) NISSAN CHEMICAL INDUSTRESS. LTD. All Rights Reserved